ジューク/フットワーク・シーンの伝説的存在DJ CLENTの初来日公演が東京・大阪のCIRCUSで開催

シカゴ・フットワーク・サウンドを生み出した先駆者にして、未だに革新的なトラックでジューク/フットワークの可能性を拡張し続ける伝説的存在、DJ CLENTが待望の初来日。10/21(日)と10/22(月・祝前日)に東京・大阪のCIRCUSで開催される「SOMETHINN」に出演する。

DJ CLENTは1996年のデビュー以来20年以上に渡ってゲットーハウス〜ジューク/フットワーク・シーンで活躍を続けるDJ/プロデューサー。「Back Up Off Me」、「Bounce」など数々の名曲に彩られたそのキャリアはシカゴフットワークの歴史そのものと言っても過言ではない。パーティーからフットワーク・バトルまで、様々な現場で鍛え上げられたDJ CLENTのプレイは必見だ。

10/21(日)のデイタイムに開催される東京公演にはDJ Fulltono、Keita Kawakami、YUMYのSOMETHINNレジデント陣、〈ONEDAY RECS.〉のSEKIS & DIKE feat. ALchinBond、今年リリースしたEP「NOW I'M REMEMBERING」が大きな話題を呼んでいる吉村元年が登場。さらに、ダンサーとしてCREATION GLOBALのメンバーも出演する。

翌10/22(月・祝前日)の大阪公演はオールナイトで開催。前日に続いて登場するDJ Fulltono、Keita Kawakamiに加えてGlocal Pussysのメンバーとしても知られるDJ/プロデューサーのAscalypso、〈Booty Tune〉や〈ZONA Music(a)〉からのリリースでお馴染みのUncle Texx、フットワーク・ダンサーのTakuya aka LiL HaVoCが出演する。

それぞれの公演の前売りチケットはpeatixで発売中。

東京公演→http://peatix.com/event/1325049

大阪公演→https://djclentosaka.peatix.com

【東京公演】

『SOMETHINN VOL.33 ~DJ CLENT JAPAN TOUR 2019 IN TOKYO』


2019.10.20 SUN AT CIRCUS TOKYO

OPEN:17:00

ADV:2000YEN

http://peatix.com/event/1325049

DOOR:3000YEN


■Line Up

DJ CLENT

DJ Fulltono

SEKIS & DIKE feat. ALchinBond

Keita Kawakami

吉村元年 (Live Set)

YUMY


■Dancers

CREATION GLOBAL


【大阪公演】

『SOMETHINN VOL.34 〜DJ CLENT JAPAN TOUR 2019 IN OSAKA』


2019.10.21 MON AT CIRCUS OSAKA

OPEN:23:00

ADV:2000YEN

https://djclentosaka.peatix.com

DOOR:2500YEN


■Line Up

DJ CLENT

DJ Fulltono

Keita Kawakami

Ascalypso

Uncle Texx


■Dancers

Takuya aka LiL HaVoC

& More


■Food

ヴァンバラ


【プロフィール】

DJ CLENT

(BEATDOWN HOUSE, From Chicago)

シカゴ・サウスサイドの「Low End」と呼ばれる地域の出身。1996年のデビュー以来20年以上に渡ってゲットーハウス~ジューク/フットワーク・シーンで活躍を続ける伝説的DJ/プロデューサーだ。

1996年、DJ Slugoのレーベル〈Subterranean Playhouse〉からデビューEP『Hail Mary』を弱冠16歳でリリースする。1998年にはゲットーハウスの名門レーベル〈Dance Mania〉から『100% Ghetto - We 2 Ghetto 4 Ya!』を発表。同年、DJ Rashad、DJ Spinn、RP BooらとDJ/プロデューサー集団〈BEATDOWN HOUSE〉を結成し、ジューク/フットワーク・シーンを牽引していく。

RP Boo「Baby Come On」、DJ Rashad「Child Abuse」と並び、フットワーク・サウンドのプロトタイプだと言われる「Hail Mary」と「3rd Wurle」、未だにフットワーク・バトルでプレイされ続ける「Back Up Off Me」やジューク/フットワーク史上一二を争うアンセム「Bounce」などクラシックを連発し、トッププロデューサーとしての地位を確固たるものにしていく。

〈Dance Mania〉の活動休止後はデトロイトの〈Juke Trax〉を中心に〈Planet Mu〉、〈Moveltraxx〉 、〈Booty Tune〉などのレーベルから音源をコンスタントにリリース。2013年に自身のクルー/レーベル〈BEATDOWN HOUSE〉を再編成し、DJ Roc、DJ C-Bitや自身の楽曲を発表していく。2015年にスイスの〈Duck N’ Cover〉から自身初のフルアルバム『Last Bus To Lake Park』を発表し、2017年には初のヨーロッパ・ツアーを行うなど、ジューク/フットワークの世界的な広がりとゲットー・ハウスの再評価を背景に近年も精力的な活動をみせている。

得意のMPCサンプラーを使ったメロウでソウルフルなサンプリング主体のトラックから、シンセで飛ばすアシッディーでドープなトラックまで、多彩なプロダクションとアイデアでジューク/フットワークの可能性を更新し続ける開拓者的存在だ。

SOMETHINN

DJ Fulltono (Booty Tune) Pharakami Sanders (Kool Switch Works) YUMY

0コメント

  • 1000 / 1000